【2019】ドコモ新プランとシェアパックから変更時の注意点


2019年6月1日より、NTTドコモでは新料金プランの「ギガホ」「ギガライト」の提供がスタートしました。

また、新料金プラン開始に合わせて、現行プランだった「カケホーダイ&パケあえる」系プランの新規受付が5月31日をもって終了しています。
ただ、現在「カケホーダイ&パケあえる」系プランを利用中の方は、新料金プランへの変更手続きをしなければ、引き続き利用することが可能です。

今回はこの新料金プランの内容と、「カケホーダイ&パケあえる」系プランから新料金プランに変更する際の注意点などについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」の概要

どちらのプランも、通話とデータ通信、SPモード料金がセットになったオールインワンな料金プランで、「カケホーダイ」のようにパケットパックを付けずに通話プランだけで使う、といったことは出来ません。

 

「ギガホ」は大容量のデータ通信を使いたい人向け

「ギガホ」は、データ通信が毎月30GBまで通常の速度で利用できる大容量プランです。

基本料金は月額6,980円からで、ここに後述する「みんなドコモ割」や「ドコモ光セット割」などが適用されると、最安4,980円から使えるようになります。

また、2019年9月30日までに「ギガホ」に申し込むと、最大6ヵ月間、月額料金が1,000円割引になる「ギガホ割」も実施しているため、なんと最大6ヵ月間は3,980円から利用可能です。

さらに!

「ギガライト」はデータ通信が少ない人向け

「ギガライト」は、毎月のデータ通信の使用量に応じて段階的に料金が自動で変動するプランです。
データ通信量が少ないほど料金は安く済むため、あまりデータ通信を使わない方、Wi-Fi環境下でしかデータ通信を使わないという方におすすめ。

「ギガライト」も「みんなドコモ割」や「ドコモ光セット割」が適用可能で、月間データ使用量が1GB以下だった場合、最安1,980円からとなります。

さらに!

●「みんなドコモ割」と「ドコモ光セット割」の両方が適用された場合の料金●

※2年定期契約ありの場合の料金です。

 通話料金のベースは「シンプルプラン」と同じ

「ギガホ」「ギガライト」は、ベースとなる通話料金の部分は共通しており、旧プランで言うところの「シンプルプラン」と同じ条件になっています。
ドコモのファミリー割引グループ内の回線同士であれば、国内通話が24時間無料。
グループ外の回線に対しては30秒ごとに20円の通話料が発生します。

一部の特殊な番号を除いて、国内のどの番号にかけても定額で話し放題だった「カケホーダイ」や、同じく1回5以内の通話であれば何回でも話し放題だった「カケホーダイライト」のような条件で使いたい場合は、「ギガホ」「ギガライト」とは別途で通話オプションを申し込む必要があります。

 5分通話無料オプション(月額700円)

1回につき5分以内の通話が月に何回でも無料で使えます。
通話時間が5分を超えた場合は、超過分に対して30秒ごとに20円の通話料が発生。

 かけ放題オプション(月額1,700円)

国内通話が24時間話し放題になります。

 「データプラス」でタブレットが月額1,000円〜

「ギガホ」もしくは「ギガライト」の契約回線とタブレットの回線が同一名義の場合、「ギガホ」「ギガライト」のデータ量をタブレットとシェアできる「データプラス」を契約できます。

これによりタブレットの月額基本使用料が1,000円で利用可能となります。
旧プランの「2台目プラス」や「シェアパック(子回線)」は月額2,500円だったので、非常におトクになりましたね。

 「データプラス」の注意点

先述した通り、「データプラス」は「ギガホ」「ギガライト」契約回線の契約名義とタブレットの契約名義が同一である必要があります。
また、同一ファミリー割引グループへの加入が必須です。

一つの「ギガホ」「ギガライト」契約回線に対して、「データプラス」を申し込めるタブレット回線は1回線のみです。
複数のタブレットを子回線として紐づけることはできません。

みんなドコモ割

同一ファミリー割引グループ内で条件を満たした回線数に応じて、対象プラン契約回線の月額料金から、各回線ごとに最大1,000円割引されます。
また、「ハーティ割引」、「ドコモ光セット割」、「はじめてスマホ割」「ギガホ割」との重畳適用が可能です。

 回線数のカウント、割引ともに対象になるプラン

ギガホ、ギガライトのみ

 回線数のカウントのみ対象となるプラン

2in1、キッズケータイプラス、キッズケータイプランを除く、ドコモが提供している音声通話が可能な全てのプランがカウント対象となります。

  • ギガホ
  • ギガライト
  • ケータイプラン
  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)【iPhone】
  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)(SIMフリー)
  • カケホーダイプラン(ケータイ)
  • カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
  • カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)(SIMフリー)
  • カケホーダイライトプラン(ケータイ)
  • シンプルプラン(スマホ)
  • シンプルプラン(ケータイ)
  • タイプXi
  • タイプXiにねん
  • タイプLL
  • タイプL
  • タイプM
  • タイプS
  • タイプSS
  • タイプシンプル
  • タイプリミット
  • タイプビジネス
  • ファミリーワイド
  • ファミリーワイドリミット
  • ファミリーワイド2in1
  • リミットプラス
  • ビジネスプラン
  • FOMAプラン39
  • FOMAプラン49
  • FOMAプラン67
  • FOMAプラン100
  • FOMAプラン150

ドコモ光セット割

ファミリー割引グループ内の「ギガホ」「ギガライト」を契約している各回線の月額料金から、最大1,000円が永年割引されます。

また、今ならドコモ光の新規工事費無料キャンペーンも実施しているので、「スマホはドコモだけどインターネットは他社を利用中」という方はドコモにまとめるチャンスです。

新料金プランに変更する際の注意点

現在「カケホーダイ&パケあえる」系プランやそれ以前の旧プランを利用中の方は、「ギガホ」「ギガライト」にプラン変更することが可能ですが、「ギガホ」「ギガライト」以外のプランは一部のFOMAプランを除き、すでに新規受付を停止しているため、「ギガホ」「ギガライト」に変更した場合はそれ以前に利用していたプランに戻すことはできなくなります。

また、現在契約しているパケットパックがシェアパックや2台目プラス以外の場合は、新料金への変更を「当月適用」か「翌月から適用」かを選ぶことができますが、プラン変更前に月間のデータ使用量が7GBを超えている回線が「ギガライト」に当月適用で変更する場合、変更と同時に速度制限となるので注意が必要です。

当月適用の場合、変更日までのデータ使用量と、変更後のデータ使用量が合算でカウントされるためです。
料金については変更後の新プランの料金のみが請求されます。

また、当月適用でのプラン変更と同時に通話オプションの「かけ放題オプション」や「5分通話無料オプション」を申し込んだ場合は、当月1日まで遡っての適用となります。

 シェア代表回線のプラン変更は要注意!

シェアパックの代表回線が「ギガホ」「ギガライト」に変更する場合、シェアグループは全廃止され、子回線は翌月から回線ごとに契約されている個人向けのパケットパック(ベーシックパックやデータMパックなど)が自動適用されます。

代表回線が抜けても残った子回線でシェアパックを継続したい場合、代表回線のプラン変更前に、残る子回線のいずれかをシェア代表回線に変更しておく必要があります。
ちなみに、現在の代表回線と新しく代表になる子回線の契約名義が同じ場合は、オンライン手続きで変更が可能です。

 ドコモ光のペア回線がプラン変更する場合も要注意!

シェアの代表回線でなくとも、ドコモ光のペア回線に登録している回線がシェアグループから抜けて新料金プランに変更する場合、残るシェアグループに対して「ドコモ光セット割」が適用されなくなってしまいます。

この場合は事前にドコモ光のペア回線をシェアグループに残る回線に変更しておけば、シェアパック、新料金プランともに「ドコモ光セット割」を適用させることが可能なので、忘れずにペア回線を変更しておきましょう。

ただし、新しくペア回線になる回線の契約名義とドコモ光の契約名義が異なる場合、ドコモ光の名義変更が必要となります。

「月々サポート」や「端末購入サポート」、「ドコモwith」適用中の回線も要注意!

新料金プランの「ギガホ」「ギガライト」は、月々サポートや端末購入サポート、ドコモwithは適用対象外となるため注意が必要です。

月々サポート適用中の回線が「ギガホ」「ギガライト」に変更した場合、月々サポートの適用は終了となります。
端末購入サポート適用中の回線は、端末購入サポートを利用して購入した端末を12ヵ月間(カウントが1ヵ月ズレるため実質13ヵ月間)は利用してくださいね、という規定利用期間が定められているため、規定利用期間内に「ギガホ」「ギガライト」へ変更してしまうと、端末購入サポートの解除料が発生します(解除料は端末によって異なります)。

ドコモwithは、端末の割引サポートを利用して機種変更をしたり、対象外プランへの変更、パケットパックを解約したりすると適用対象外となり、割引が終了するサービスとなっています。
「ギガホ」「ギガライト」はドコモwithの対象外プランになりますので、「ギガホ」「ギガライト」へプラン変更した場合はドコモwithは終了します。

(ただし、ドコモには以前のような「月々サポート」や「端末購入サポート」といった端末代金の割引サポートがないため、「ギガホ」「ギガライト」へは変更せず、現在利用中のプランのまま機種変更をする場合は、ドコモwithの割引は継続します。)

まとめ

いかがでしたか?

すでにドコモ利用中の方がプラン変更しようとすると、意外に落とし穴が多い新料金プランですが、料金的にはかなり安くなったと思います。
まぁそのぶん端末代金が定価販売になったので、端末と同時購入の場合は以前とどっこいな料金になる方が多いと思いますが・・・(苦笑)。

次は「スマホおかえしプログラム」について更新したいと思います。
それではまた!

関連記事

【2019】ドコモのSIMロック解除受付基準と解除方法

ドコモデータコピーで機種変更時のデータ移行が超簡単!使い方を解説

プールや海での水中撮影に!スマホ用防水ケースのおすすめ

もしこの記事がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです(*^^*)


スポンサーリンク

コメントを残す

*