1/10頃からAndroid4.3以下の機種でLINEのインストールが出来なくなる


明けましておめでとうございます、ユカリです。
年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?(私はクリスマスイベから今日までFGOに振り回されておりました。)

さて、今回はタイトルにもあるように、いま使っているスマホがAndroid4.3以下の機種だという方への注意喚起となります。

スポンサーリンク

2019年1月10日頃より、Android4.3以下の機種に対し、PlayストアでのLINEアプリの提供が終了するそうです。
これは機種やキャリアではなくLINE側の問題なので、メーカーやキャリアで対応出来るものではありません。

該当機種で既にインストール済みの場合はそのまま利用可能ですが、提供が終了した後に何らかの理由で機種本体からアンインストールしてしまうと、再度LINEをインストールすることは出来なくなりますので、該当機種を利用中の方はご注意ください。

端末のAndroidのバージョンアップが可能な場合は問題ありませんが、恐らく対応していない機種がほとんどだと思われますので、もし再インストール不可能になった場合、機種変更するしかLINEを再度利用する方法はありません。

ちなみにドコモの機種では、型番の末尾のアルファベットがD・E辺りの機種が該当しているようです。

端末のAndroidバージョンを確認する

Androidのバージョンを確認したい場合、機種によって多少違うかもしれませんが、

 

設定

端末情報

ソフトウェア情報

Androidバージョン

 

で確認出来るかと思われます。

Android4.4アップデート対応機種

ケータイ各社のAndroid4.4へのアップデート対応機種をまとめておきます。

 ドコモ

Xperia Z(SO-02E)

Xperia Z1(SO-01F)

Xperia Z1 f(SO-02F)

AQUOS PHONE ZETA(SH-01F)

ARROWS NX(F-01F)

ARROWS Tab(F-02F)

Galaxy S4(SC-04E)

Galaxy Note3(SC-01F)

Galaxy J(SC-02F)

参考リンク→ドコモからのお知らせ:Android4.4へのバージョンアップ予定製品について

 au

HTC J One(HTL22)

isai(LGL22)

Xperia Z1(SOL23)

Xperia Z Ultra(SOL24)

GALAXY Note 3(SCL22)

 ソフトバンク

ソフトバンクに関しては調べてもはっきりとしたアップデート対応状況が見つけられなかったのですが、どうもソフトバンクのAndroid機種自体、ほとんどアップデートがされていないようです。

Android4.3以前のOSに対してgoogle側がサポートを事実上打ち切ったとの情報もありますので、該当機種を利用中の方はこの機会に機種変更を検討するのもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?
元々iPhoneに比べると、Android機種はOSアップデートの対応期間が短い(そして少ない)んですよね。
直近でもAndroid9がリリースされましたが、やはりアップデート対象機種は限られていました。

個人的にAndroidは使いやすくて好きですし、ドコモなんかは長く使うことを前提としたdocomo withシリーズも人気なので、もう少し対応期間が長くなるといいなぁと思います。

仕事柄、毎日最新機種を見てるとつい欲しくなって、2年を待たずに機種変更しちゃうんですけどね。(笑)

それではまた!

関連記事

GALAXYの本体側面にあるBixbyボタンを無効にする方法

機種変更やスマホ故障に備えてしておくべきLINEの設定と引き継ぎ方法

ドコモ2019学割発表!iPhoneXRが月額1,480円から

もしこの記事がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです(*^^*)


スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*