【2019】au新料金プランまとめ!現行プランからのプラン変更のみは不可?


新機種の発表だけだと思っていたら、まさかの新料金プラン発表でめちゃくちゃ動揺しましたこんにちは。
ピタット/フラットプランが始まってまだ2年も経っていないと言うのに、同じく始まって間もないドコモwithが早々に受付終了するドコモといい、各社とも最近コロコロ料金プラン変えすぎでは・・・?

現場の人間としてはもうちょっと落ち着いて欲しい昨今のケータイ業界ですが、頑張ってついていきたい所存です。
というわけで、6月から始まる「au新ピタットプラン」その他諸々、内容と注意点をサクサクっとまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

新料金プランは3種類

先日の5月13日にauが発表した新料金プランは3種類。
毎月最安1,980円〜の「新auピタットプラン」、7GBで3,980円〜の「auフラットプラン7プラス」、毎月6980円〜でデータ通信が無制限で使い放題になる「auデータMAXプラン」

また、この新料金プランでは通話定額はオプション制となり、上述の基本料金は現行プランで言うところの「シンプルプラン」がベースになっているため、「スーパーカケホ」や「カケホ」にしたい場合はオプションで付ける形になります。

ちなみに現行のピタットプラン/フラットプラン30は6月30日で新規受付を停止するとのことです。
ただ既に当該プランを契約中の場合は引き続き利用できるのでご安心を。

それでは、一つずつ新プランの内容を見ていきましょう。

 新auピタットプラン

新auピタットプランは、使ったデータ量に応じて自動的に料金が変動する3段階制のプラン。
利用したデータ量が1GB以下の場合は最安で1,980円、4GB以下の場合2,980円、7GB以下の場合4,480円からとなります。

ただし、この料金はauスマートバリュー、後述する「家族割プラス(3人以上)」、2年定期契約を適用した場合の値段なので、条件を満たさない場合はもう少し高くなります。

 auフラットプラン7プラス

auフラットプラン7プラスは、月に利用可能なデータ量7GBで3,480円/月〜の固定タイプのプラン。
こちらもauスマートバリュー、「家族割プラス(3人以上)」、2年定期契約を適用した場合の値段なので、条件を満たさない場合はもう少し高くなります。

また、auフラットプラン7プラスは月間のデータ容量7GBに加え、2019年秋以降から+メッセージ、Twitter、Facebook、Instagramといった人気SNSが使い放題となる予定なので、動画や音楽などの大容量通信はあまり利用せず、SNSをよく使うという方にオススメのプランです。

SNSの使い放題について、以下の動作・機能においてはデータ容量を消費しますのでご注意ください。
また、対象となるサービスなど、記載のサービス内容は変更になる可能性があります。

 auデータMAXプラン

auデータMAXプランは、月間のデータ利用量に制限がない、ヘビーユーザー待望の無制限プランです。
データ容量を気にすることなく使えるので、音楽のストリーミングサービスや動画配信サイトなどをよく利用する方にオススメ。

また、料金プラン申し込みの翌月から6カ月間「auデータMAXプラン」の月額料金を1,000円割り引く「auデータMAXプラン スタートキャンペーン」、auデータMAXプラン提供開始日から2019年9月30日の期間中、加入したご家族の人数に関わらず、「家族割プラス」の最大割引額同等の月々1,000円を割り引く「家族割プラス スタートキャンペーン」を適用することにより、1人でも月々最安5,980円から利用できます。

なお、テザリング・データシェア・国際ローミング通信を利用の場合には、20GB/月の制限があり、該当の通信が合計20GBを超えると速度制限となるため注意が必要です。

家族割プラス

「家族割プラス」は、対象プランに加入の家族の人数に応じて、月々の料金を割り引くサービスです。
2人なら500円、3人以上なら1,000円、毎月の利用料金から割引されます。

さらに、「家族割プラス」サービス開始に伴い、2019年6月1日から2019年9月30日までの期間は、加入している家族の人数にかかわらず、「家族割プラス」の最大割引額同等の月々1,000円を割り引く「家族割プラス スタートキャンペーン」も実施されます。

 家族割プラスの加入条件

同一住所に住む家族のみ加入可能。
ただし、auひかりなどの対象固定通信サービスを契約している場合は、別住所の家族 (50歳以上) でも申し込み可能です。

 家族割プラスの割引/カウント対象となるプラン

新料金プランの通話定額オプション

冒頭で述べた通り、「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」「auデータMAXプラン」の通話料金は、現行プランの「シンプルプラン」同様、30秒/20円の通話料が発生する仕組みになっています。

1回5分以内の通話が何回でも無料の「スーパーカケホ」や、時間・回数共に無制限で通話できる「カケホ」のようなプランで利用したい場合、オプションという形で別途で付ける必要があります。

* 一部の通話・SMSなどの料金は、通話定額サービス対象外となります。

現行プランからのプラン変更は現時点では不可

6月になって新料金プランが始まったら、現行プランから変更したいと考えている方も多いと思われますが、現段階では現行プランから新料金プランへのプラン変更のみは受付できないようです。

au公式ホームページに以下の記載があります。

2017年7月14日以降に機種購入したお客さまは、それ以降、機種購入を伴わない「新auピタットプラン/auピタットプラン/auフラットプラン/auデータMAXプラン」とその他料金プラン間の変更はできません。

つまり、「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」「auデータMAXプラン」のいずれかの新料金プランに変えたい場合は、6月1日以降に機種の購入と同時に申し込む必要があるということになります。

auに問い合わせてみましたが、プラン変更のみの運用について、現時点ではまだ詳細が決まっていないとのことでした。
いずれはプラン変更にも対応すると思われますが、もし機種変更や新規契約を検討中で、新プランが始まったらすぐに変えたい!と考えている方は、6月1日以降に機種を購入することをおすすめします。

機種を購入する予定がしばらくないという方に関しては、残念ながらau側の対応を待つしかなさそうですね。
ただ、あくまで”2017年7月14日以降に機種購入したお客様は”となっているので、7月13日以前に購入している方はプラン変更に対応するということでしょうか・・・?
この辺は判明したら追記いたします。

その他注意点

「新auピタットプラン」に変更した場合、変更前のプランで余っているデータ容量(GB)があったとしても、繰り越しはできません。

また、新料金プランでは「スマホ応援割」「ビッグニュースキャンペーン」「2018年の学割」は継続不可となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

なかなかの情報量で、仕事ながら私もまだ覚えきれていません・・・(^_^;)
この時期は各キャリアから新機種の発売もあるので、ドコモの新料金プランにauにと頭がパンクしそうです(笑)

次はドコモの新料金についてまとめていく予定です。
それでは!

関連記事

ドコモ2019学割発表!iPhoneXRが月額1,480円から

機種変更やスマホ故障に備えてしておくべきLINEの設定と引き継ぎ方法

【2019】ドコモのSIMロック解除受付基準と解除方法

もしこの記事がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです(*^^*)


スポンサーリンク

コメント

  1. tommy より:

    7月2日現在
    >「あくまで”2017年7月14日以降に機種購入したお客様は”となっているので、7月13日以前に購入している方はプラン変更に対応するということでしょうか・・・?」

    2017年7月13日以前(同年6月)に購入しているのでプラン変更の手続きを依頼したのですが
    ・新規契約
    ・機種変更
    の時にしか新プランは適用できないとの事でした。
    新規契約の為に一旦解約するにも手数料が掛かり、持ち込み新規でも更に手数料が発生するとの事。
    要するに長期ユーザーには何のメリットもない状態です。

    1. ユカリ より:

      tommy様
      こんにちは、コメントありがとうございます。
      なんと・・・わざわざ購入時期を区切って注意書きされた意味が解りませんね・・・・(´・ω・`)
      結局一度は端末を買う必要があるとなると、料金が値下げされてもすぐにはメリットを実感しづらいですよね。

      情報ありがとうございました!

コメントを残す

*