auの2018学割スタート!割引内容や適用条件まとめ


というわけでauも今年?来年度?の学割内容が明らかになりました!今日発表して明日スタートって、なんて現場に優しくないスケジュールでしょうか!(笑)
それはさておき、やはり新プラン向けの内容を打ち出して来ましたね。個人的には学割内容より、ビッグニュースキャンペーンがさりげなく延長決定したことの方が嬉しかったり・・・(笑)
その辺りも踏まえつつ、メガキャリアでは一番乗りとなったauの学割について見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

学割対象はピタット/フラットプラン!家族も対象で月々1,480円〜

諸々の条件はあるものの、格安スマホに並ぶ1,980円/月からの「ピタットプラン」と、動画などや音楽などデータ通信のヘビーユーザー向けに、20GB・4,500円/月からの「フラットプラン」
今回発表された学割は、上記二つのプランが対象となっています。
それでは、一つずつ解説していきましょう。

「ピタット学割」「フラット学割」の概要

まずは今回の2018学割の大枠についてです。
上述した通り、対象プランは「ピタットプラン」「フラットプラン」の二つのみで、それぞれピタットプランは「ピタット学割」、フラットプランは「フラット学割」という名称になります。
対象となるのは25歳以下の契約者または利用者とその家族で、25歳以下の回線については機種変更でも学割適用となりますが、家族回線は新規・MNPのみです。
受付期間や適用条件は両プランとも共通の内容となっているので、先にこれらの共通事項についてまとめておきます。

 受付期間

2017年12月15日〜2018年5月31日

 適用条件

U25、家族共に下記①②の条件をそれぞれ満たすこと。

≪ピタット学割U25/フラット学割U25≫

①新規/MNP/機種変更と同時に、ピタットプランまたはフラットプランに申し込むこと

②契約者または利用者が申し込み時点で25歳以下であること

 

≪ピタット学割 家族/フラット学割 家族≫

新規/MNPと同時に、ピタットプランまたはフラットプランに申し込むこと

②2018年5月31日時点でピタット学割U25もしくはフラット学割U25が適用されている回線と家族割を組んでいること

※家族の学割については適用可否の判定が2018年5月31日になるため、2018年5月利用分までの割引は6月利用分でまとめて割引となります。

 ピタット学割の割引内容

ピタットプランの料金を、12カ月間月々500円割引。
ピタットプランの基本料金は通話の利用形態に応じて3種類あり、月間のデータ通信量によって料金が変動します。
1回5分以内の通話が月に何回でも誰とでも無料の「ピタットプラン(スーパーカケホ)」と、通話した分だけ通話料がかかる「ピタットプラン(シンプル)」は、月間のデータ使用量が1GB以下なら最安1,480円/月で1年間使うことができます。

<auピタットプラン (スーパーカケホ)> の場合

<auピタットプラン (シンプル)> の場合

<auピタットプラン (カケホ)> の場合

※それぞれの最安料金は、ビッグニュースキャンペーン、auスマートバリューを適用した場合です。また、別途で機種代金がかかります。

 フラット学割の割引内容

フラットプランの料金を、12カ月間月々520円割引。
フラットプランも通話形態に応じて基本料金が3種類あり、データ通信量は20GBまたは30GBで、基本料金は固定です(別途、通話料が発生する場合もあります)。
こちらは最安3,980円/月で1年間使うことができます。

<auフラットプラン (スーパーカケホ)>の場合

<auフラットプラン (シンプル)> の場合

<auフラットプラン (カケホ)>の場合

※それぞれの最安料金は、ビッグニュースキャンペーン、auスマートバリューを適用した場合です。また、別途で機種代金がかかります。

 注意事項

・1名義につき1回線のみの適用です。同一名義での契約や、複数の回線で利用者登録をしても学割が適用されるのは1回線のみです。

・過去にauの学割が適用になったことがあっても、今回の学割は適用できます。ただし、過去の学割との併用可否については店頭などでご確認ください。

ピタットプラン↔︎フラットプラン間でプラン変更をしても割引は継続されますが、割引額は各プランに応じて都度変動します。

・機種変更、解約、一時休止など一部の手続きを行った場合、その当月をもって割引終了となります。

ビッグニュースキャンペーンについて

割引内容の項でも触れましたが、公式サイトなどでも表記されている今回の学割の最安料金は、ビッグニュースキャンペーンとスマートバリューの両方が適用されることが前提となっています。
ビッグニュースキャンペーンとは、7月14日から実施しているauの公式キャンペーンで、基本料金を1年間、毎月1,000円割引してくれるキャンペーンです。(スマートバリューはご存知の方も多いと思いますが、auひかりやWi-Fiルーターなど、au指定の固定通信サービスを利用することで受けられるケータイとのセット割引です。)

 受付期間を延長

当初は12月31日までとなっていましたが、今回の学割に合わせて、2018年5月31日まで受付期間が延長となりました!

 キャンペーン概要

機種変更/新規/MNPと同時に「auピタットプラン」もしくは「auフラットプラン」に申し込むと、翌月から1年間、利用料金から毎月1,000円(1年間合計12,000円)を割引。

結局いくらで使えるのか?

はい、結局ここが一番気になるところだと思います(笑)。
というわけで、公式サイトのシミュレーション機能で試算してみましたので、一例をご紹介したいと思います。

 iPhone X 64GBに機種変更した場合

●条件1●

ピタットプランで月1GB以下、アップグレードプログラムEX(詳細はこちら)、端末補償サービス加入

ちなみに補償サービスを付けないなら4,658円(税込)/月から使えます。

●条件2●

フラットプラン20、アップグレードプログラムEX(詳細はこちら)、端末補償サービス加入

こちらも補償サービス無しなら7,358(税込)/月から使えます。

 iPhone8 64GBに機種変更した場合

●条件1●

ピタットプランで月1GB以下、アップグレードプログラムEX(詳細はこちら)、端末補償サービス加入

補償なしの場合3,893(税込)/月〜

●条件2●

フラットプラン20、アップグレードプログラムEX(詳細はこちら)、端末補償サービス加入

補償なしの場合6,593(税込)/月〜

 

・・・といった感じです。iPhone Xが補償無しなら4,658円というのはやばいですね。フリー在庫も出回り始めているので、この機会にぜひ。

まとめ

いかがでしたか?元々auは常設プランとしてピタット/フラットプランを展開していたので、学割の内容としては少しインパクトが弱いかな、という印象を受けますが、基本料金が最安1,480円は冷静に考えてかなりの破格ですよね。
1年後に1,500円上がるとしても2,980円です。安っ!!(機種代金は別途かかりますが・・・)
auが発表、受付開始したので、まもなくドコモ・ソフトバンクも学割を発表すると思います。クリスマス商戦に乗っかる気満々ですねこれは(笑)!

関連記事
ソフトバンクの2018学割は「学割先生」!内容と条件を解説
ドコモの2018学割の落とし穴!月額1480円では使えない?!
UQモバイルで「ゼロ学割」スタート!適用条件や内容、基本プランを解説
ワイモバイルで「タダ学割」スタート!適用条件や内容を解説
auが2017秋冬モデル3機種発表!発売日やスペックまとめ
auの下取り条件変更で画面割れは大幅減額!査定基準は?

もしこの記事がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです(*^^*)


スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*