ドコモの縛りなし新プランに変更しても、すぐ0円では解約できない!?


iPhone11が発売されましたね。

個人的にはそれよりも(わかってはいたものの)各社が一斉に2年縛りなしの新プランを発表してきたので、細かい内容やら各社の違いなどを把握するのにあっぷあっぷしておりました。

「って言うかまだギガホとか始まったばっかりじゃん?!プラン変え過ぎじゃない?!総務省いい加減にして!」

という心境ではあるのですが、最近の総務省絡みの変更・改正って消費者的に本当に得になってます??

個人的には縛っていいから月サポとか端サポとかあったほうが嬉しいんですが。

それはともかく、さしあたってドコモの新しい縛りなしプランが「罠だな〜」と思ったので、今回はドコモの新ギガホ/ギガライトについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

2年縛りなしの新ギガホ/ギガライト概要

従来の料金プランでは、2年ごとに自動更新される定期契約を結ぶことによって、月額料金の割引が受けられるという仕組みになっていました。
定期契約があるかないかで、月額1,500円ほどの差があったため、実質「定期契約なし」で契約するという選択肢は形骸的なものでした。

今回発表された、10月1日からスタートする新しいプランでは、定期契約の有無による月額料金の差は170円となっており、定期契約ありの場合でも解約金は1,000円なので、定期契約を結ぶことでのメリット・デメリット共にほぼなくなったと言えるのではないでしょうか?

170円×6ヵ月で1,020円なので、半年以上使う予定があるのであれば、定期契約ありを選んだ方がお得ではありますね。

新旧プランの料金比較

9月30日まで新規受付を提供する現状の「定期契約なし」のギガホ/ギガライトと、10月1日から提供される新しい「定期契約なし」のギガホ/ギガライトの料金比較表です。

プラン名 月額料金
定期契約なし(解約金なし) 2年定期契約

(解約金1,000円)

※旧プランと同額

〜9/30までの

旧プラン

10/1からの

新プラン

ギガホ 7,480円 6,150円 5,980円
ギガライト ステップ4

<~7GB>

6,480円 5,150円 4,980円
ステップ3

<~5GB>

5,480円 4,150円 3,980円
ステップ2

<~3GB>

4,480円 3,150円 2,980円
ステップ1

<~1GB>

3,480円 2,150円 1,980円
ケータイプラン 2,870円 1,370円 1,200円
データプラス 2,500円 1,000円
キッズケータイプラン 1,000円 500円

データプラスとキッズケータイプランについては、旧プランでの定期契約ありの料金が、新プランの定期契約なしの料金へスライドしており、これ以上の値下げはしないということで、新プランでの「定期契約あり」は提供しないようですね。

新しい縛りなしプランへの自動移行はされない

既に現行のギガホ/ギガライトを契約中の方が、10月1日からの縛りなしの新プランを使いたい場合、ドコモのほうで自動移行はしてくれませんので、自分でドコモショップなりで変更手続きをする必要があります。

その際、契約中の現行プランが「定期契約あり」の場合でも、現行プランに対する解約金は発生せずに「定期契約なし」の新プランへ変更することが可能です。

解約金なしで新プランへ変更はできる、けど・・・

さて、今回の記事で最大の問題はここです。
契約中の現行プランが「定期契約あり」の場合でも、現行プランに対する解約金は発生せずに「定期契約なし」の新プランへ変更することは可能ですが、新しい「定期契約なし」のプランに変更後、すぐ解約や乗り換えをするという場合は注意が必要です!

<9月30日以前にドコモをご契約のお客さま向けの注意事項>

定期契約をご契約中で、更新期間以外に10月以降のプランに変更した場合であっても、当該定期契約満了月前月までに解約した場合は、変更前プランの解約金がかかります。

ドコモの報道発表資料にはこのような記載があります。

これがどういう意味かというと、現行プランで定期契約あり(2年縛り)を契約している場合、現行プランの契約満了月(24ヵ月目)の前月までは、新プランに変更したとしても解約金は9,500円のまま、ということなんです。

つまり、いま契約中のプランの定期契約(2年縛り)の契約満了月である24ヵ月目が、仮に2,020年の3月だとします。

この場合、2,019年10月に新プラン(定期契約なし)に変更したとしても、2,020年2月までに解約や乗り換えをすると、解約金は9,500円がかかります。

ちなみに、定期契約ありの新プランに変更した場合でも、現行プランでの23ヵ月目までは解約金は9,500円です。

新プランにして速攻で他社に乗り換えよう、と考えていた人達にとって、これは結構な罠じゃないですか?

ドコモにしてみれば、新プランに変更して即解約や乗り換えをされてはたまらない、ということなんでしょうが、なかなかエグいことするなぁと思いました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

結構重要な内容が公式サイトでは下の方にしれっと1行2行で小さく書いてあるだけだったので、オイオイこれはクレーム案件にならないか大丈夫か?と注意喚起の意味も込めて記事にしてみました。

毎回新しいサービスやプランが出てくる度に色んな落とし穴がありますね。

うっかりはまらないよう注意していきたいものです。

それでは!

auとソフトバンクが中古スマホのSIMロック解除に対応!条件は?

【2019】ドコモのSIMロック解除受付基準と解除方法

機種変更の前に!Googleフォトで写真を簡単バックアップ!

もしこの記事がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです(*^^*)


スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*