ドコモ新プラン「ベーシックパック」はお得か?5GB以上なら従来プランがおすすめ


2018年4月27日、NTTドコモが新しいパケットパックを発表しました。
個人向けの「ベーシックパック」と、家族シェア向けの「ベーシックシェアパック」を、5月25日から提供開始されます。

この新プラン提供開始に伴い、5月24日をもって現行の「パケットパックS/M」「シェアパック5〜15」が新規受付停止となります。(現在契約中の方はそのまま利用可能)

この「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」は、使ったデータ通信量に応じて料金が変動する4段階制のパケットパック
個人向けの「ベーシックパック」を利用する場合、シンプルプランで月間のデータ通信量を1GB以下に抑えることができれば、基本使用料が4,180円から使えます。

この新しい「ベーシックパック」はお得なのか?現行プランのほうがお得な場合はあるのか?
分かりやすく比較していきたいと思います!

スポンサーリンク

ベーシック(シェア)パックの概要

まずは新プランの内容についてです。

「ベーシックパック」は個人利用向け、「ベーシックシェアパック」は家族シェア利用向けのパケット定額プランで、どちらも使用したデータ量に応じて料金が変動する4段階制の仕組みになっています。

現行のパケットパックの場合、個人向けならデータLパック以上、もしくはシェアパック加入でなければ「シンプルプラン」には加入できませんでしたが、「ベーシックパック」ではデータ使用量に関わらず「シンプルプラン」への加入が可能となりました。

更に嬉しい点として、auのピタットプラン/フラットプランと違い、月々サポートも適用対象となっているので安心です。

また、「ベーシックパック」はタブレットなどとデータ量をシェアできる、「2台目プラス」の契約も可能となっています。

※それぞれ下記の料金の他に、基本プランであるカケホーダイやカケホーダイライト、シンプルプランなどの基本料金がかかります。

●個人で利用の場合●

 

●家族で分け合って利用する場合●

docomo withなら1人でも最安2,480円〜

シンプルプランでdocomo with対象機種を利用なら、1人でも最安2,480円、家族シェアで子回線としての利用なら280円から利用できます。(それぞれ1人利用時は月間1GB以下、家族シェアなら全員のデータ使用量の合計が5GB以下の場合)

 

注意点として、上図ではそれぞれ「ずっとドコモ割(プラチナステージ)」の割引が入っているため、ドコモの回線利用年数が15年以上(または6か月間のdポイント獲得数が10,000pt以上)のユーザーでなければ、この割引を受けることはできません。

「docomo with」は対象の機種を契約すると、次回機種変更まで永年1,500円の基本料割引が受けられるというもの。
この「docomo with」対象機種は現在までに5機種が発売され、2018年夏モデルとして2機種が追加される予定です。(ドコモの夏モデルについてはこちら

料金が上がる前にメールでお知らせも

いくら段階制で安く使えると言っても、自分が今どれぐらいデータ量を使っているのか、逐一チェックするのは面倒ですよね。
シェアパックで家族全体の料金を抑えようと思ったのに、気付かないうちに子供がものすごいデータ量を使っていて、結局MAXの料金まで上がってしまった・・・なんて事態は避けたいものです。

そんな事故を防ぐために、「ベーシック(シェア)パック」では料金が次のステップに上がる前に、データ量をメールで知らせてくれる機能がちゃんと用意されています!(「データ量到達通知サービス」の契約が必要です。料金は無料。)

「ベーシックパック」の場合は残り約200MB、「ベーシックシェアパック」の場合は残り約1GBになった時に通知されるようになっています。

ただあくまで目安なので、実際のデータ量と前後する場合はあるとのこと。
確実に料金を抑えたい場合は、本体の設定から「データ量の使用警告」の設定をオンにしたり、シェアパックの場合なら「データ量上限設定オプション」を各回線に設定するなどしておいた方がいいでしょう。

現行のパケットパックのほうがお得なユーザーは?

毎月使ったデータ量に応じて料金が変動するので、基本的には無駄なくお得に使えそうな今回の新プランですが、データ使用量によっては現行プランのままの方がお得になるユーザーもいます。

以下、少し見辛いかとは思いますが、比較表を作ってみました。
赤文字になっている所が「お得に使えるほう」、青文字は「どちらかのプランにしかないデータ量のステップ」となっています。

上図を見ると、1人で利用する場合、月間のデータ使用量が「1GB以上2GB以下なら現行プラン」がお得ですが、それ以外で5GB以下なら「ベーシックパックのほうがお得」になります。

家族シェアの場合は「15GB以下ならベーシックシェアパック」、「15GB以上使うなら現行のシェアパック」のほうがそれぞれお得です。

また、そもそも1人利用で毎月確実に20GB以上、家族シェアで30GB以上使っているという場合は、現行プランでないと対応できません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
24日で受付終了する一部の現行プランは、契約中であればそのまま継続して利用できますが、25日以降に他のパックへ変更した場合は戻すことはできなくなりますので、ご注意くださいね。

関連記事

ドコモ2018年夏モデル発表!発売日とスペックまとめ

スマホの2018学割は5月末まで!各社の内容のおさらいと比較

ドコモのスマホをお得に買う方法!端末購入サポートを狙え!

 

もしこの記事がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです(*^^*)


スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*