ドコモ2019学割発表!iPhoneXRが月額1,480円から


昨年に引き続き、今年も早かったですね学割スタート!

12月からスタートされると、2019学割と書いていいのかちょっと迷います・・・(笑)。

内容としては「25歳以下の利用者が新規または契約変更で新たに”カケホーダイ&パケあえる”へ加入すると、最大13ヵ月間1,500円割引」と、2018学割と同じ感じですね。

ただ今年に関しては、タイトルにもある通りiPhoneXRが端末購入サポートで安くなっている為、ややこしい計算なしで純粋に1480円(税抜きですが)から持てるのはポイント高いんじゃないでしょうか?

そんなわけで、ドコモの2019学割、詳しく見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

2019「ドコモの学割」概要


2018年12月1日から受付開始となるドコモの学割。

公式サイト内に受付期間の表記を見つけられなかったのですが、特典②の条件、そして例年通りであるなら、受付締め切りは2019年5月31日と思われます。

学割の適用条件

学割の適用対象となる手続きは、

①新規またはMNP(乗り換え)
②FOMAからXiへの契約変更(ドコモの登録上の最新購入機種の利用期間が18ヵ月以上であること)
③「カケホーダイ&パケあえる」へのプラン変更



上記いずれかになります。

既にXi契約で「カケホーダイ&パケあえる」になっている回線での機種変更は、利用者が25歳以下であっても学割対象にはなりませんのでご注意ください。

また、データプランでの契約も対象外です。

③に関しては、今回の学割条件と、公式サイトの注釈で「既にXi契約で料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の基本プラン(データプランを含む)をご契約中のお客さまは対象外です。」となっていることから、「タイプXiにねん」などの旧Xiプランから新たに「カケホーダイ&パケあえる」へ変更する場合は対象となる、という解釈になると思われます。(確認次第追記します)

そして、上記①〜③いずれかに該当する手続きと同時に、以下の①〜④の条件全てを満たす必要があります。

①新たにXi契約で以下のいずれかの基本プランに加入

「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」

「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」

「シンプルプラン(スマホ)」
②以下のいずれかのパケットパックに加入

「ベーシックパック(〜20GB)」

「ウルトラデータLパック(20GB)」

「ウルトラデータLLパック(30GB)」

「ベーシックシェアパック(〜30GB)」

「ウルトラシェアパック30(30GB)」

「ウルトラシェアパック50(50GB)」

「ウルトラシェアパック100(100GB)」

または、シェアパック子回線で「シェアオプション」に加入
③spモードを契約
④申し込み時点で利用者が25歳以下であること



ちなみに既に新規受付停止となっているシェアパック5/10/15/20/30も対象となります。

これは該当するシェアパックを契約中の既存シェアグループに、子回線として加入する場合も学割対象になりますよ、ということですね。

(同じくデータSパック/Mパック/Lパックも対象という謎の注釈も公式サイトにありましたが、新規受付が停止した個人向けパックにどうやったら新規加入ができるのか?という疑問しかない・・・FOMA契約からスライドする場合ってことですかね・・・。)

④の利用者についてですが、ドコモを始めケータイ会社では契約手続きの全責任/権限を有する「契約者」と、その契約回線ないし端末を実際に利用する「利用者」とを分けて考え、登録しています。

保護者名義で契約するけど使うのは子供、などの場合ですね。
今回は「利用者が25歳以下」という条件なので、ドコモに登録される「利用者」が25歳以下であれば、「契約者」は26歳以上でも問題ありません。

契約日の時点で利用者が25歳以下であれば良いので、「明日26歳になっちゃうけど・・・」という場合でも大丈夫です。

「26歳になった瞬間学割の適用がなくなる」ということもありません。

但し、利用者を登録する際には利用者本人の保険証や免許証、学生証など、氏名・生年月日が確認できる本人確認書類(コピー可)が必要ですので、そこだけはご注意くださいね。

学割特典①月額1,500円割引

上述した適用条件を満たすと、該当の学割回線に対して、契約月を含めた最大13ヵ月間、基本使用料に対して毎月1,500円の割引が受けられます。

但し、対象機種を購入すると永年1,500円/月の割引になる「ドコモwith」や、ガラケーからの乗り換え/機種変更で最大13ヵ月間1,500円/月の割引が受けられる「ウェルカムスマホ割」との重畳適用はできません。

ウェルカムスマホ割とドコモwithの併用はできるんだから、学割もドコモwithとの併用はできてもいいんじゃないかと思うんですが、その辺りドコモさんは厳しいですね・・・。

今回の学割が適用になる場合、基本プランを「シンプルプラン」で契約し、シェアグループの子回線として追加すれば、一年間は毎月最安で280円から利用できる形になります。

ただ、280円はあくまで「基本使用料」なので、この他に端末代金がかかることもお忘れなく!

学割特典②dポイント進呈

これも地味に嬉しい特典ではないでしょうか?

公式サイトの提供条件の所には難しそうに書いてありますが、要約すると「学割対象回線が学割申し込みと同時にシェアグループに加入すれば、シェアグループ全員に2,500ポイント進呈。さらにその条件を2月1日までに満たせば早期特典として1,000ポイントを追加で進呈」ということですね。

学割適用条件の項で記述した②のパケットパックを、シェアパックまたはシェア子回線として契約すればOKです。(ベーシックパックやウルトラデータLパックなど、個人向けパックで契約してしまうと、学割対象回線以外の家族回線がシェアグループを組んでいたとしても対象外となります。)

ちなみにシェアグループに対象の学割回線が加入しているかの判定は毎月1日に行われますので、3,500ポイントをもらいたい場合は1月31日まで、2,500ポイントでいい場合は5月31日までに学割対象回線で学割の契約手続きを取れば進呈対象となります。

ポイント進呈は2019年1月以降、毎月1日時点で適用条件を満たしているdポイントクラブ会員に対し、その翌月上旬を目途に進呈されます。

ほとんどの方はdポイントクラブ会員になっていると思われますが、不安な場合はドコモに確認しておくと良いでしょう。

新規か乗り換えならiPhoneXR 64GBが毎月1480円〜!

発売したばかりのiPhoneXRですが、11月26日から新規/乗り換えでの契約には端末購入サポートが適用され、64GBなら本体代金が一括28,800円となっています。

24回の分割にした場合、月々の分割金が1,200円となる為、学割適用の最安280円/月の基本料金と合わせて、なんと毎月1,480円からiPhoneXRが利用できます!

※端末購入サポートは12ヵ月間(実質的には14ヵ月間)の端末利用を条件に、本体代金を割り引くサービスです。

規定の期間内に機種変更や解約をする場合、機種ごとに定められた端末購入サポートの解除料金が発生します。

端末購入サポートについてはこちら

まとめ

いかがでしたか?

もう学割は12月から始まるのがデフォルトになったようで、クリスマス商戦を視野に入れてきてるんですかね(笑)。

おそらく今月中に他の各ケータイ会社も学割を発表すると思われますので、そちらも追々記事にしていきたいと思います。

それではまた!

関連記事

iPhoneとAndroid、どっちがおすすめ?メリットとデメリット

iPhoneXs/XsMax/XRのスペックや各社価格まとめ

ドコモ新プラン「ベーシックパック」はお得か?5GB以上なら従来プランがおすすめ

もしこの記事がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです(*^^*)


スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*