【2019】ドコモのSIMロック解除受付基準と解除方法


2019年2月20日から、NTTドコモは自社で販売された端末であれば、全てのSIMロック解除に対応する運用を開始しました。

中古端末や友人知人などから譲り受けたドコモ端末のSIMロック解除が可能となったことによって、今まで以上に格安SIMの利用が容易になりますね。

今回はドコモのSIMロック解除の受付基準と解除方法について解説していきます。

スポンサーリンク

ドコモのSIMロック解除受付基準

まずは今回の運用変更で何が変わったのか見ていきたいと思います。

 変更前(2019年2月19日以前)

SIMロック解除可能・・・申込者本人の購入履歴にある端末のみ

SIMロック解除不可・・・中古で購入した端末/他人から譲り受けた端末

また、本人の購入履歴に登録されている端末であっても、ドコモの回線契約が解約されている場合は、解約から100日以内でなければロック解除出来ませんでした。

 変更後(2019年2月20日以降)

ドコモが販売した全ての端末においてSIMロック解除が可能

→ ・申込者本人の購入履歴にある端末

  ・中古で購入した端末

     ・他人から譲り受けた端末

など、ドコモから販売された端末であればロック解除が可能となっています。
ただし、いずれの場合であっても、割賦または端末購入サポートを適用して販売された端末の場合は、割賦販売/端末購入サポート適用から100日経過後でなければSIMロック解除は不可となります(分割支払金/端末購入サポートの解除料を清算すればロック解除可能です)。

譲り受けた、あるいは中古で購入した端末が、分割または端末購入サポートで購入されたものであるか、そうであった場合に販売から100日経過しているかについては、IMEI(端末製造番号)情報からドコモのシステム上でチェックされ、ロック解除の手続き可否が判定されます(この「販売から100日」とは、あなたが中古で購入した日ではなく、元の持ち主がドコモから分割または端末購入サポートで購入した日から起算されるものです)。

※ネットワーク利用制限がかかっていないことが前提条件です。

SIMロック解除はどこでできる?

ドコモの端末をSIMロック解除したい場合、ドコモショップ、WEB、サポートセンター(151)のいずれかで受付可能ですが、端末の回線契約や購入履歴の有無など、条件によって受付可能チャネルが異なります。

●SIMロック解除受付パターン●

※ドコモ契約時に一括払いで購入された端末、または分割払い/端末購入サポートありで購入され、その分割支払金/端末購入サポート解除料が清算済みであれば、100日以内であってもロック解除が可能

自回線で購入した端末をロック解除する場合、購入から100日以内でもできる場合あり

原則として、ロック解除したい端末の購入日から100日経過後でなければ、ロック解除はできませんが、自回線で購入した端末をロック解除する場合、過去に別の購入端末のロック解除実績がある場合は、そのロック解除から100日経過していれば、即時でロック解除が可能です。

ただし、中古端末はこの優遇措置の対象外のため、上図のように端末AのSIMロック解除から100日経過後だとしても、元々が分割または端末購入サポートで購入された中古端末のロック解除には、その中古端末自体の販売から100日が経過している必要があります。

また、中古端末をロック解除したとしても解除実績としてはカウントされないため、中古端末のロック解除から100日経過したとしても、その後に自回線で購入した端末をロック解除する場合は購入した端末が100日経過しなければロック解除はできません。

SIMロックの解除方法

SIMロック解除はドコモショップかWEB、または151での受付が可能ですが、ドコモショップと151での手続きには、手数料として3,240円が発生します。

WEBでの手続きならこの手数料は発生しないので、パソコンをお持ちの方はWEBでの手続きをおすすめします。

ちなみにWEB上でSIMロック解除を申し込むためにはdアカウントが必要です。
ドコモの回線契約がなくてもdアカウントは発行できますので、持っていない場合はまずdアカウントを新規発行しておきましょう。

dアカウントの新規発行はこちら

WEBでのSIMロック解除方法

①パソコンからMy docomoにログインする

②dアカウントIDを入力し「次へ」

③パスワードを入力して「ログイン」

④画面を下にスクロールし、「SIMロック解除」の項目から「お手続きする」をクリック

⑤「次へ」をクリックし、SMSまたはdアカウントに登録したメールアドレスにセキュリティコードが届いたのを確認する

⑥SMSまたはメールアドレスに届いたセキュリティコードを入力し、「ログイン」

⑦ロック解除したい端末の端末製造番号(電話のダイヤル画面で「*#06#」を押すと表示されます)を入力し、画面を下へスクロールして「受付確認メールの送信先メールアドレス」を選択して「次へ」

 

⑧表示されている「SIMロック解除をおこなう端末」と、受付確認メールの送信先に間違いがないか確認したら「手続きを完了する」

⑨手続き完了画面が表示されたら完了!

※Android端末の場合、受付番号の下に製造番号(IMEI)ではなく「SIMロック解除コード」が表示されます。
ロック解除した端末の電源を切り、他社のSIMを挿入して起動するとSIMロック解除コード入力画面になりますので、そこに解除コードを入力すればSIMロック解除が完了します。

まとめ

いかがでしたか?
私も2年前に買って解約してしまっていたiPhone7 plusを、今回の運用変更のお陰でようやくSIMロック解除することができました(笑)。

WEBでの手続きなら簡単で手数料もかからない上に、ドコモショップで何時間も待たされることもないので、非常にオススメです。
それではまた!

関連記事

iPhoneとAndroid、どっちがおすすめ?メリットとデメリット

機種変更の前に!Googleフォトで写真を簡単バックアップ!

ドコモ新プラン「ベーシックパック」はお得か?5GB以上なら従来プランがおすすめ

もしこの記事がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです(*^^*)


スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*