iPhoneXs/XsMax/XRのスペックや各社価格まとめ


画像:Apple

9月13日、遂に新型iPhoneが発表されましたね!

廉価版との噂もあり、iPhone9と目されていたモデルがiPhoneXRで、全然廉価じゃなかったり(笑)、plusからMaxに名称が変わったりとスペック以外の部分でも話題が尽きませんでした。

ケータイ大手3社もXs/XsMaxの価格を発表(ドコモに至ってはXRの価格も発表)したところで、今年の新型iPhone3モデルについて、スペックや各社の料金をサクッとまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

2018新型iPhone各モデルのスペック

各モデルの違い

それでは、Xs、XsMax、XRはそれぞれどう違うのかについて見ていきましょう。

まずはディスプレイですが、3モデルともiPhoneXを踏襲したベゼルレスディスプレイとなっており、XsMaxでは6.5インチという大画面を実現しています。

ちなみにXsは前モデルであるiPhoneXと同じサイズなので、ケースやフィルムもXと共通で使えるようです。

また、ホームボタンが廃止され、画面ロックなどのセキュア認証もFace IDのみ。
Touch IDは非対応となっています。

ワイヤレス充電やApple Pay、防水防塵なども引き続き対応です。

 CPUは新開発のチップを搭載

CPUは3モデルとも、新開発された7nmプロセス「A12 Bionic」チップを搭載し、従来モデルに比べて15%高速、50%省電力化を実現しました。

更に、8コアの第2世代ニューラルエンジンは、秒間5兆回の演算となり、前世代の「A11 Bionic」に比べると約8倍の動作速度となっています。スゴイ!

これによってバッテリー駆動時間も、iPhoneXに比べて最大30分〜1時間30分長くなりました。

 カメラはXRのみシングルレンズ

カメラ機能は3モデルとも背面に12メガピクセル、正面に7メガピクセルのカメラを搭載し、光学手ブレ補正に対応しています。

ただし、XsとXsMaxは背面が広角と望遠のデュアルレンズになっていますが、XRはシングルレンズです。

カメラ機能にこだわりたい方はXsかXsMaxがオススメですね。

 Xs/XsMaxは3色、XRは6色のカラーバリエーション

本体のカラーバリエーションも新色が追加です。

画像:Apple

XsとXsMaxが共通の3色展開で、スペースグレー、シルバー、そしてiPhoneXには無かった新色のゴールドが追加。


画像:Apple

XRはなんと6色展開で、ブルー、ホワイト、ブラック、イエロー、コーラル、(PRODUCT)REDとなります。
ブルーやイエロー、コーラルはiPhone5cを彷彿とさせますね。

 デュアルSIMに対応、しかし・・・

日本国内ではナノSIMとeSIMに対応となっているものの、eSIMに関しては「年内にソフトウェアアップデートで提供」としており、現段階ではソフトバンクが対応を表明していますが、時期などは未定。
ドコモ、auは対応自体が未定です。

各社の端末価格

それでは、気になる各社の本体価格を見ていきたいと思います。

ちなみにSIMフリーとなるAppleのオンラインストア価格は以下の通りです。

 ドコモの端末価格

XRの64GB以外は全て10万超え・・・!

一番高いモデルはやはりXsMax 512GBですね。
総額184,680円、実質負担も5,000円超えとかなりの高額です。

JOJOスマホは月々サポートなしで5,000円超えでしたが、XsMaxは月々サポートが付いてもこの値段ですから、恐ろしい・・・。

 auの端末価格

●auピタットプラン/フラットプランの場合●

ピタット/フラットプランは毎月割が適用外の為、基本的に48回分割での購入をauは推奨していますが、24回分割での購入も可能です。

その場合、毎月の分割支払い金は単純に上記の2倍となります。

48回分割の場合には、アップグレードプログラムEXの加入で端末代金が最大半額免除となります。

ピタット/フラットプラン、アップグレードプログラムEXについてはこちら

●その他のプランの場合〈機種変更〉

●その他のプランの場合〈新規/MNP〉

 ソフトバンクの端末価格

ソフトバンクは2018年9月5日をもって、通話定額プランやギガモンスターなどの既存プランの新規受付を停止しました。

その為、これから新規でソフトバンクに加入する場合は、auのピタットプランやフラットプラン同様、原則「月月割」が対象外となります。

ただし、既に通話定額プランやギガモンスターなどの既存プランを利用中の方は、機種変更をしても契約中のプランを継続して利用することができます。

その場合には月月割が3,050円/月×24回適用されますので、端末の実質負担額は以下のようになります。(希望すれば48回分割にもできます。その場合は月月割も48回となります。)

●月月割適用時の実質負担額●

まとめ

いかがでしたか?

昨年のiPhoneXが発売された時も「た、高ぇ・・・!」と戦慄しましたが、今回は更に輪をかけて高額設定になりました。

だってこれ、普通にMacBookとか買える値段じゃないですか?(笑)

販売員としては「XsもMaxも全部10万超えって、分割審査引っかかってキャンセルになる案件どんだけ増えるの・・・」と要らぬ心配をしているところです。

ただ、新型iPhoneが発売されれば現行の8やXが値下がりすると思うので、個人的にはXを狙っています。一括0にな〜れ!(笑)

それではまた!

関連記事

6sがdocomo with対象機種に!8やXよりおすすめ?

機種変更やスマホ故障に備えてしておくべきLINEの設定と引き継ぎ方法

更新月でも高額請求?!スマホの解約・乗り換え時の注意点まとめ

もしこの記事がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです(*^^*)


スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*