キッズ用ケータイはどこがおすすめ?3社の料金プランを比較!


こんにちは、ユカリです。ちらほらと桜が咲き始め、通勤途中に窓から見える桜でプチお花見気分を味わう季節になってきました。
ケータイ業界的には学割商戦も今週末が最後の山場かなといった感じですが、皆さんそれぞれお子様のケータイはもう契約されたでしょうか?私の職場では、学生さんだとやはりiPhoneがダントツの人気でした。
ちなみに「どこが一番安いですか?」と割とよく聞かれますが、最近は料金プランが複雑化してるので「えー・・・っとですね・・・」と困ることも多かったりします(笑)。

それはともかく。
今日はちょっと今更な感じもありますが、主に小学生以下が対象となっている、いわゆるキッズ用ケータイ(概ねたまごっちみたいな外見のやつですね)について、各社の最新料金プランを比較してみたいと思います!
ちなみにどこがおすすめかと言われたら、基本的には各社とも料金的にそこまで大きな差はないので、親御さん(夫婦で違う会社を使っている場合はお子様と連絡を取る頻度が高い方)と同じケータイ会社に揃えるのが一番良いと思います。身も蓋もないですけど(笑)。

スポンサーリンク

 ドコモの「キッズケータイプラス」

家族内の通話が無料 月額基本使用料500円

ドコモの提供するキッズケータイ向け料金プラン「キッズケータイプラス」は、月額500円で同一ファミリー割引グループ内の国内通話が無料のプランです。それ以外の通話は20円/30秒の通話料が発生します。
また、小学生以下の本人名義での申し込みはできないため、親権者名義での契約となり、必ず親権者の方もドコモを使っていることが条件になります。

 適用条件

①キッズケータイの利用者が契約時点で12歳以下であること(12歳以下のお子様1人につき1回線のみ)

②親権者を代表回線とした「カケホーダイ&パケあえる」のパケットパックの子回線となること

①は契約時に、利用者となるお子様の情報登録が必須となるため、お子様の本人確認書類の提示が必要になります。
②は親権者のドコモ回線が下記いずれかの基本プランとパケットパックを契約中で、お子様の回線をシェアパック子回線、もしくは2台目プラス子回線として登録する必要があります。

代表回線で契約が必要な基本プラン●

代表回線で契約が必要なパケットパック●

 

例えばお母さんを代表回線として申し込む場合は、下図のようなイメージになります。

ちなみに契約時に利用者となるお子様が12歳以下であれば、その後13歳以上になった場合でもキッズケータイプラスはそのまま継続して利用できます。また、2年定期契約となるため2年以内に解約する場合は9,500円の解約金が発生しますが、自動更新ではないので2年定期契約満了後は解約金はかかりません!

 申し込みにあたっての必要書類

①親権者の本人確認書類

②利用者となるお子様の確認書類(保険証など)

 対象機種

2018年3月時点で販売している機種としてはキッズケータイ(F-03J)のみ

auの「ジュニアケータイプラン」

小学生以下のお子様が対象の、「mamorino4」専用のプランです。月額500円で同一の家族割グループ内の通話が無料で、それ以外の通話は20円/30秒の通話料が発生します。
また、小学生以下の本人名義での申し込みはできないため、親権者名義での契約となります。
ドコモと違い独立したプランなので、親権者がauを使っていなくても申し込みが可能です。

※誰でも割が2年定期契約(自動更新)のため、契約更新月以外での解約には9,500円の解約金が発生します。

 適用条件

①利用者がプラン加入時点で小学生以下であること

「mamorino4」購入と同時に本プランに申し込むこと

 申し込みにあたっての必要書類

①親権者の本人確認書類

②利用者となるお子様の確認書類(保険証など)

②は契約時に、利用者となるお子様の情報登録が必須となるため、お子様の本人確認書類の提示が必要になります。

 対象機種

mamorino4」のみ(2018年3月時点)

ちなみに前モデルの「mamorino3」の場合はプランEシンプルでの契約となり、基本使用料が12ヶ月間無料というキャンペーンを実施していましたが、2018年3月末で終了となるようです。

ソフトバンクの「通話定額ライト基本料(みまもりケータイ/キッズフォン)

ソフトバンクの「通話定額ライト基本料(みまもりケータイ/キッズフォン)」は月額490円でソフトバンクの家族同士の通話が無料です。それ以外の通話は1回あたり5分以内の通話が何回でも使い放題、5分を超えた場合は超過分に対して20円/30秒の通話料が発生します。
また、2年定期契約(自動更新)のプランとなるため、契約更新月以外での解約には9,500円の解約金が発生します。
ちなみに「通話定額ライト基本料(みまもりケータイ/キッズフォン)」は他の2社と違い、小学生以下の利用者がいない場合でも契約は可能となっています。
ただし、基本料二ヶ月無料キャンペーンは12歳以下の利用者が必要となりますのでご注意ください。

 基本料2ヶ月無料キャンペーン(U12)の適用条件

①通話定額ライト基本料(みまもりケータイ/キッズフォン)および専用2年契約(みまもりケータイ/キッズフォン)への申し込み

②機種の購入をともなう新規加入または機種変更

③新スーパーボーナス契約であること

④申し込み時点で利用者が12歳以下であること

 申し込みにあたっての必要書類

①契約者の本人確認書類

②基本料2ヶ月無料キャンペーン適用にあたり、お子様を利用者に登録する場合はお子様の本人確認書類(保険証など)

対象機種

キッズフォンみまもりケータイ4

※みまもりケータイ4は利用にあたって「オーナー登録」という設定が必要であり、その設定にはメール利用が可能なソフトバンク携帯が必須となっているため、ソフトバンク携帯を持っていない場合は契約不可となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ここまでで紹介したのはあくまで毎月の基本料金になるので、お店によっては端末代金が別途かかります(新規やMNPなら一括0円、という所が多いとは思いますが。)
個人的にはauのmamorino4がタッチパネル&音声操作対応になっているので直感的に使いやすいかなと思います。子供の頃ってそういう「機械の画面に触ったら動く」とか「声に反応して動く」みたいな、特撮や魔法少女の秘密道具的なものに憧れません?私はめっちゃ憧れてました、腕時計型の通信機とか(笑)。

関連記事

【更新中】2018年スマホ学割予想!まずは2017学割をおさらい

auの2018学割スタート!割引内容や適用条件まとめ

ワイモバイルで「タダ学割」スタート!適用条件や内容を解説

もしこの記事がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです(*^^*)


スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*