機種変更やスマホ故障に備えてしておくべきLINEの設定と引き継ぎ方法


こんにちは、ユカリです。
夏モデルが発売され始め、そろそろ機種変更を・・・と考えている方も多いのではないでしょうか?

機種変更をする時に立ちはだかるものといえば、データ移行ですよね。

中でもLINEは事前の引き継ぎ設定をしておかないと、「使っていた端末が壊れたから機種変更を」というような場合、トーク内容はおろかアカウントそのものが引き継げない事態になりかねません。

今回は万が一の事態に備えて、普段から設定しておきたいLINEの引き継ぎ準備や、引き継ぎ前の端末が使えず「アカウント引き継ぎ設定」をオンに出来ないといった場合の対処法などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

今すぐ登録しよう!LINEの引き継ぎ設定

まずは基本的な引き継ぎの流れを確認してみましょう。
通常、LINEを引き継ぎする場合は2通りのやり方があります。

①メールアドレスとパスワードを登録しておく

②Facebookと連携しておく

①か②のどちらかの設定がされていれば、新しい端末あるいは修理後の端末で、今までのアカウントを引き継ぎすることができます。
逆に言えば、これらの設定がされていないと、突発的な事故でスマホが使えなくなったというような場合にアカウントを引き継げません。

上記のどちらも設定していないという方は、今すぐ設定することをオススメします!(3分で終わります)

それでは順番に、それぞれの設定方法を見ていきましょう。

 メールアドレスの登録方法

まずはメールアドレスの登録方法です。

1.LINEアプリを起動し、[友だち]のタブを開く

2.右上にある⚙(歯車のマーク)をタップ

3.[アカウント]→[メールアドレス]の順にタップ

4.一段目に自分のメールアドレス(GmailやiCloudなどのアドレスがおすすめ)を入力し、二段目に6〜20文字以内で好きなパスワードを入力(三段目には二段目に入力したものと同じパスワードを入力)し、[登録する]をタップ

5.メールが届いたら、本文に記載されている4桁の認証番号をLINEの画面に入力するか、同じく本文記載のURLをタップして、[メール認証]をタップ


画像引用:LINE公式サイトヘルプ

設定後、[アカウント]画面の[メールアドレス]と[パスワード]の所が「登録完了」と表示されていればokです。


ちなみに上にも書きましたが、
登録するメールアドレスは、ドコモなどのキャリアアドレスでももちろん構わないのですが、できればGmailかiCloudメールをおすすめします。

当たり前ですが、引き継ぎの作業をするのって乗り換えが完了した後ですよね?

もし引き継ぎの際にパスワードを忘れてしまっていたり、何らかの理由で引き継ぎがうまくいかなかったとしても、今まで使っていた端末でパスワードの再設定ができれば解決するという場合、そしてそれが可能な状態であれば問題はありません。

が、もし登録したアドレスにメールを送信して何らかの操作をしなければならないとなった場合、もう乗り換え前のキャリアアドレスは乗り換え手続き完了と同時に使用不能になっています。

「登録したアドレスはわかってるけど、そのアドレスで受信する手段がない!」

という状態に陥る可能性がありますので(実際にそれが原因で引き継ぎできなかったお客様を何人も見てきました)、LINEの引き継ぎに使うメールアドレスには、キャリア・OS問わず使えるフリーのメールアドレスがおすすめです。

万が一、登録したメールアドレスが使用不能の状態でパスワードを忘れてしまい、旧端末での再設定もできない場合は、アカウントの引き継ぎが不可能になりますのでご注意ください。

 Facebook連携の登録方法

続いてFacebook連携のやり方です。

1.LINEアプリを起動し、[友だち]のタブを開く

2.右上にある⚙(歯車のマーク)をタップ

3.[アカウント]→[Facebook連携]の順にタップ

4.Facebookのログイン画面が表示されるので、Facebookアプリを利用中なら「Facebookアプリでログイン」を、そうでない場合はFacebookに登録している電話番号かメールアドレス、パスワードを入力しログイン


画像引用:LINE公式サイトヘルプ

設定後、[アカウント]画面の[Facebook]の所が「連携解除」と表示されていればokです。

引き継ぎ時に「アカウント引き継ぎ設定」をオンにする必要があるケース

[友だち]→[設定]→[アカウント]の順に画面を開いていくと、[アカウント引き継ぎ設定]という項目があります。

これは実際にLINEの引き継ぎ作業を行う時、必要に応じてオンにするものなので、普段はいじる必要はありません。
引き継ぎをする際、次のいずれかに該当する場合は、作業を始める前に必ずオンにしてください。

①アカウントに登録されている電話番号が変わる場合

②Facebook連携を利用して引き継ぎをする場合

③iTunesまたはiCloudを利用して復元する場合

[アカウント引き継ぎ設定]をオンにすると、そこから36時間のカウントダウンが始まりますので、その時間内にアカウントの引き継ぎ作業を行ってください。
ちなみに36時間以内に引き継ぎをしなかった場合は、[アカウント引き継ぎ設定]がオフに戻るだけなので心配はいりません。

また、上記に該当しない場合にオンにしたとしても特に問題はありません。

上記①〜③に該当しながら[アカウント引き継ぎ設定]をオンにしなかった場合、引き継ぎの途中で「アカウントの引き継ぎを続けるためには?」という画面が表示されるので、どのみち旧端末で[アカウント引き継ぎ設定]をオンにする必要があります。

もしくは電話番号が変わっていない場合であれば、「認証コードを受け取る」でSMSで認証番号を受け取り、引き継ぎを続行することも可能です

どうしても引き継ぎができない場合の対処法

引き継ぎが出来ないケースは色々あると思いますが、多いのは

①LINEに登録していた電話番号が変わり、変更前の電話番号でSMSの受信が出来ない、かつ旧端末で[アカウント引き継ぎ設定]をオンにすることもできない場合

②乗り換えなどで登録していたメールアドレスが使用不能、かつパスワードを忘れて、旧端末での再設定が出来ない場合

といったケース。
これはもう正直お手上げです・・・。

こうなってしまった場合には、最後の望みをかけて以下の問い合わせフォームからLINEに問い合わせてみてください。

LINEお問い合わせフォーム

「問題発生機種」から「詳細」までの項目をそれぞれ選択すると、更に詳細入力画面が開きます。

各項目の選択肢はざっくり「これかな?」と思うもので大丈夫です。
詳細入力の所にできる限り詳しく「こうやったらこうなって、こういう状況で困っている、最終的にこうしたい!」という現在の状況と要望を書いてください。

登録していた電話番号やアドレス、設定していればLINE ID(友だち検索する時に使うやつです)など、自分のアカウント情報を覚えている限り入力します。
「表示名」はプロフィールやトークルームで表示されている自分の名前ですね。

問い合わせフォームから送信後、時期などによるかもしれませんが大体1日〜数日で返信が来ますので、その内容に従ってまた必要な情報を返信していくと、運が良ければアカウント引き継ぎができる状態にしてもらえます!

アカウント引き継ぎで引き継げる項目

アカウント引き継ぎで引き継げる項目は以下になります。

・[友だち]リスト(グループを含む)
・[ノート][アルバム]に投稿した内容
・プロフィール設定(プロフィール画像/名前/ステータスメッセージ/ID)
・タイムライン/ホーム
・[Keep]に保存したデータ(画像/動画/テキスト/ファイル)
・購入したスタンプと着せかえ(プレゼントスタンプを含む)
・課金アイテムの購入履歴やコイン/LINE ポイント残高
・ LINE ゲームやLINE PLAYなどのアプリ連動に関するデータ
・トーク履歴(事前のバックアップ必須

※異なるOS間(Android⇄iPhone)でのトーク履歴、コイン残高の引き継ぎは出来ません。

OSが同じであれば、ほとんどのデータは引き継ぎ可能になっていますね。

注意点として、スタンプなどの購入履歴は引き継がれますが、新端末で利用するには[設定]→[スタンプ]→[マイスタンプ]から再ダウンロードが必要です。

また、スタンプの並び順なども再設定が必要となりますので、種類が多いとちょっと大変ですね・・・(^^;)

トーク履歴の引き継ぎ方法

LINEの中で最重要といっても過言ではないトーク履歴。
一言二言ならLINE keepに保存するのもありですが、トークルーム丸ごととなると手間もかかるし、何よりkeepの容量が足りませんよね。

ここではAndroid、iPhoneそれぞれのトーク履歴のバックアップ方法を解説していきます。

 Androidのトーク履歴バックアップと復元方法

バックアップ前に以下の設定を確認し、必要であればアプリのアップデートを行ってください。

LINEバージョン7.5.0以上
 
Android端末でトーク履歴をバックアップする場合は、Googleドライブを利用します。

1.LINEアプリを起動し、[友だち]のタブを開く

2.右上にある⚙(歯車のマーク)をタップ

3.下のほうにスクロールし、[トーク]をタップ

4.一番上の[トーク履歴のバックアップ&復元]をタップ

5.[Googleドライブにバックアップする]をタップ

「前回のバックアップ」の所に、バックアップした日時が表示されていればokです。

[Googleドライブにバックアップする]の下の[Googleアカウント]が未登録の場合は、そこをタップして自分のGoogleアカウントを設定してください。

復元する際はアカウント引き継ぎ後、[トーク履歴のバックアップ&復元]の[復元する]をタップするとトーク履歴が復元されます。

  iPhoneのトーク履歴バックアップと復元方法

バックアップ前に以下の設定を確認し、必要であればアプリやOSのアップデートを行ってください。
 
⋅LINEバージョン 6.4.0以上
⋅iOS 8.1以上
⋅iCloud Driveをオンにする
 

iPhoneでトーク履歴をバックアップする場合は、iCloudを利用します。

1.LINEアプリを起動し、[友だち]のタブを開く

2.右上にある⚙(歯車のマーク)をタップ

3.[トーク]をタップ

4.[トークのバックアップ]→[今すぐバックアップ]の順にタップ


画像引用:LINE公式サイトヘルプ

「前回のバックアップ」の所に、バックアップした日時が表示されていればokです。

復元する際はアカウント引き継ぎ後、トーク履歴の復元画面が表示されるので[トーク履歴をバックアップから復元]をタップすれば復元されます。

まとめ

いかがでしたか?

今やメールも電話もLINEで代用している、という方も増えてきているようで、連絡手段としての重要性はかなり高くなっていますよね。
ツムツムやLINE POPなどのLINEゲームも、LINEのアカウントとデータが連動しているので、「LINEが引き継ぎができない」というのはスマホを使う上で死活問題と言えます。

機種変更の予定がなくても、万一の時のために引き継ぎ準備としてメールアドレスの登録やFacebook連携、また小まめにトーク履歴のバックアップなども取るように心がけておくと良いでしょう。

関連記事

機種変更の前に!Googleフォトで写真を簡単バックアップ!

「+メッセージ」とは?使い方、LINEやSMSとの違いを解説

ドコモ新プラン「ベーシックパック」はお得か?5GB以上なら従来プランがおすすめ

もしこの記事がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです(*^^*)


スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*