「+メッセージ」とは?使い方、LINEやSMSとの違いを解説


4月10日、ドコモ・au・ソフトバンクの三社が新しいメッセージサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」を共同開発、提供すると発表しました。

この「+メッセージ」は、スマホやタブレットの電話番号同士で相手にテキストや写真、動画、スタンプなどを送受信できるという、SMSの超進化版のようなもの。
更に、従来のSMSは送信できるのはテキストのみ、しかも全角で最大70文字までという短いものでしたが、「+メッセージ」は送信できる文字数も大幅にアップ!

グループを作って複数の人数と同時にメッセージをやりとりすることもできるなど、ここまで読んだら「え?それって要するにLINEじゃないの?」と思われた方も多いと思います。(私も思いました。笑)

では、この「+メッセージ」はLINEとどう違うのか?SMSからどの程度進化したものなのか?
今回発表された内容をまとめてみたいと思います!

スポンサーリンク

「+メッセージ」でできること

まずはこの「+メッセージ」とはどういうものなのか、何ができるのかについて見てみましょう。
各社の公式サイトで発表された情報によれば、三社間のスマホやタブレットであればキャリアもOSも気にせず、電話番号だけで様々なデータをやりとりできるメッセージアプリです。

 


<イメージ画像>

うーん、LINE感がすごい(笑)。
しかしLINEと違い、電話番号さえ解っていれば相手にメッセージや画像を送れるというのは、SMSでしかメッセージのやりとりができなかった相手がいる方などには非常に画期的なアプリとなりそうですよね。
のちのち機種変更などの時にバックアップなどがどうなるのか、気になるところです。

SMSとの違い

冒頭でも述べた通り、従来のSMSでは送信できるのはテキストと絵文字のみ、それも最大70文字(全角の場合)まででした。
今回発表された「+メッセージ」では、最大でなんと全角2,730文字まで送信が可能!
更に、今までは送れなかった写真や動画、音声メッセージや地図情報も最大100MBまで送信可能となっています。

そして最も大きな違いは、SMSは電話回線を利用したサービスのため、送受信の利用料は通話料金で計算されていましたが、「+メッセージ」はパケット通信を利用するサービスだということです!

え?別にどっちでも変わらんだろうって?
いえいえ、今ではすっかり定着した通話かけ放題系のプランですが、あれってSMSの通話料は定額の対象外なんですよ。
言っても受信は無料ですし、送信も1回につき3円とかなのであまり気にする方は少ないかもしれませんが・・・(^^;)

しかし「+メッセージ」はパケット通信を利用するので、データ通信料で計算されることになるんです。これはLINEと同じですね。
なので、うっかり動画とか写真とか音声メッセージとかをポンポン送受信していると、送る方も受け取る方もじゃんじゃんパケットが使われるわけです。
毎月「ギガがなくなった!」というような方は使いすぎにご注意ください。

ちなみにメッセージは相手が既読になったか確認可能で、専用スタンプはリリース時点で500点を無料で提供予定だそうです。

LINEとの違い

これは正直、メッセージアプリとしての基本的な「できること」は同じっぽいので、大きな違いとしては「電話番号だけで相手とやりとりができる」ことと、今のところ「ドコモ、au、ソフトバンクの端末間のみ対応」、つまり格安SIMなどのMVNOは非対応ということです。
MVNOの対応については要望に応じて検討していくとのことなので、MVNO利用中で「+メッセージ」を使いたい!という方は各社に要望を送ってみると良いかもしれません。

LINE keepやノート、アルバムなどの類似機能があるのか、他サービスとの連携などについては今のところ不明です。

「+メッセージ」はいつから使える?

サービス、アプリの提供開始は5月9日を予定しており、5月以降に発売される機種に関しては「+メッセージ」アプリがプリインストール予定です。
現行機種についてはドコモは専用アプリを配信、auとソフトバンクはそれぞれSMSアプリとメールアプリのアップデートで利用可能になり、相手の端末に「+メッセージ」アプリがインストールされていれば、電話帳(連絡先)で名前のところに「+メッセージ」のアイコンが表示されるとのことです。

まとめ

いかがでしたか?
個人的にはLINEとうまく住み分けできればかなり使いでのあるアプリになるのではないかと思っているので、今からリリースが楽しみです。

特に、LINEの場合はキャリアのショップなどへ行っても、基本的に使い方やエラーの対処法などは教えてもらえませんが(自社サービスではないので正式な資料が無い、責任が取れないので一切案内しません、使いたかったら自分で調べてください、というスタンス)、「+メッセージ」は三社の共同開発アプリなので、使い方などの案内資料も自前で用意できることになります。
今までLINEの使い方がわからなくて使えなかった、という層のユーザーにも光明となるのではないでしょうか?

正式にリリースされたら使用感などまた書いていきたいと思います。
それでは!

関連記事

スマホの2018学割は5月末まで!各社の内容のおさらいと比較
小学生向けのケータイはどこがおすすめ?3社の料金プランを比較!

 

もしこの記事がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです(*^^*)


スポンサーリンク

コメントを残す

*