ソフトバンクの2018学割は「学割先生」!内容と条件を解説


お久しぶりです。
既に受付がスタートしてから半月が過ぎようかという今更な感じではありますが、今日は2018年度の学割シリーズ最後の発表となった、ソフトバンクの「学割先生」について解説していきたいと思います。
ざっくり最初にまとめておくと、今年のソフトバンクの学割はこんな感じです!

・家族4人以上でウルトラギガモンスター(データ定額50GB)を契約
・家族が新規またはMNPでソフトバンクに加入
・ソフトバンク光を契約、または契約中

上記の条件を満たす、25歳以下または教師がスマ放題ライトを契約で、
基本料金が1年間3,980円/月〜!

安いですね。
何と言っても使えるデータ量が50GBと、他社に比べて圧倒的に多いのが特徴です。これは学生さんは嬉しいのではないでしょうか?
それでは、より詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

「学割先生」の概要

まずは「学割先生」の内容です。
まず全ての条件(後述)を満たした場合、

となります。
そして今年のソフトバンクの学割最大の特徴が、学生だけでなく先生も対象になるということ!
これは今までの学割史上初めてのパターンですね。
それでは、一つずつ条件などを解説していきます。

 「50GBが3,980円/月〜」の条件

冒頭でも軽く触れましたが、やはり今年も大容量データ通信プランをドドンと打ち出してきました。
まず前提として、この3,980円/月が対象となるのは、契約者または利用者が25歳以下or職業が教師の方です。
ただし、後述する書類をお持ちの方であれば、例えば学校の事務職に就いているというような場合も対象になりますので、学校に勤めているという方は是非チェックしてみてくださいね!
さて、今回の「学割先生」は下図のような料金構成になっています(スマ放題ライトで契約した場合)。


一応補足しておくと、スマ放題ライトとは他社携帯や固定電話が相手でも、1回5分以内の国内通話なら月に何回でも無料で使えるプランです。

今回の学割は全部で4つのキャンペーンが適用されると「50GBが3,980円/月」となるんですね。それでは、一つずつ見ていきましょう!

 1.学割先生

まずは基本となる「学割先生」の条件です。

①利用者が25歳以下or職業が教師の方の新規(MNP含む)または機種変更
  →以下の書類があれば事務職など先生以外の場合でも学割対象となる。

    ・公立学校共済組合組合員証
    ・文部科学省共済組合組合員証
    ・私立学校教職員共済加入者証

②基本プランをスマ放題またはスマ放題ライト(ケータイプランも含む)で契約

③データ定額50GBを契約

上記①〜③を満たした場合に、基本使用料から最大1年間1,020円/月を割引

●注意点●
1 使用者につき、1 回線までの適用となります。U25/先生一人の名義で複数回線に学割先生を申し込むことはできません。

 2.家族追加特典

「学割先生」の条件を満たした25歳以下(U25適用者)または教師(先生適用者)の回線と同一の家族グループに加入する回線が、以下の条件を満たした場合、U25/先生適用者の回線に対して家族追加特典が適用されます。

①新規またはMNPと同時に本キャンペーンに申し込み

②基本プランをスマ放題またはスマ放題ライト(ケータイプランも含む)で契約

③データ定額50GBを契約

上記①〜③を満たした場合に、U25/先生適用者の回線に対して基本使用料から最大1年間1,000円/月を割引

●注意点●
家族追加特典の割引が適用されるのはU25適用者または先生適用者の回線のみです。新規加入した家族回線に対しては適用されません。
また、複数人の家族を紹介したとしても、1適用者(U25/先生)あたりの家族追加特典の適用は、1回に限られます。(例:3人紹介しても1人の学割適用者(U25/先生)に対する割引額は1,000円/月です。)

 3.みんな家族割

これは学割とは関係のない常設のキャンペーンですが、学割回線の月額料金を3,980円にするためには必要な条件の一つになっています。
「みんな家族割」とは、家族で「ウルトラギガモンスター(データ定額 50GB)」に加入した場合、回線数に応じてデータ定額サービスの定額料を割引してくれるキャンペーンです。

上図のように、同一の家族グループ内にウルトラギガモンスター加入回線が4回線以上ある場合、1回線あたり2,000円の割引が受けられるようになります。
ちなみに3回線の場合は1,800円/月、2回線なら1,500円/月の割引です。

 4.おうち割 光セット

おうち割 光セットも学割に関係なく常設の割引サービス。
ソフトバンク光(またはSoftBank Airなど対象の固定通信サービス)をソフトバンクのスマホとセットで利用すると、毎月のスマホ料金が割引になります。

以上、「学割先生」「家族追加特典」「みんな家族割」「おうち割 光セット」の4つのキャンペーンが適用された場合、利用者が25歳以下または職業:先生の回線料金が最大1年間、3,980円/月から使えるというのが「学割先生」の内容でした!
家族もウルトラギガモンスター加入/おうち割 光セットなら毎月6,000円から50GB使えるので、かなりお得ではないでしょうか?

「最新iPhoneが実質最大90%オフ」とは

続いて肝心のスマホ本体について見ていきましょう。
最新iPhoneが90%オフ・・・すごいパワーワードですよね(笑)。これもやっぱり学割とは直接関係ないサービスなんですが、「半額サポート for iPhone」というオプションを利用することで、とってもお得に本体が買えますよ、というものです。
本体を分割で購入する場合、今までは通常2年間で組んでいましたが、この「半額サポート for iPhone」では4年間、つまり48回で分割を組みます。
そして2年後に機種変更をする場合、それまで使っていたiPhoneをソフトバンクに返すなら、その時点で残っている本体の分割の残債分は払わなくていいですよ、という仕組みになっています。

つまり2年ごとにiPhoneを買い換えていくなら毎回かなりお得に機種変更ができるんですね。
例えばiPhone8を購入する場合、下図のようなイメージになります。

これは普通にめっちゃ安いです。
学割先生の3,980円と合わせても、iPhone8 64GBなら毎月4,340円から使える計算になります。すごい。
iPhoneXでも5,105円〜なので、ドコモのシェアパック子回線で使う場合とほぼ同額です。しかもソフトバンクの場合は1人で50GB使えるので、動画や音楽をデータ量を気にせず楽しみたいという方には圧倒的にソフトバンクがお得ですね。

まとめ

いかがでしたか?
私も改めて記事を書いていて、「ソフトバンクすげーな・・・」と思わず呟いてしまう安さでした。年齢的にも職業的にも学割使えないんですが(笑)。
ようやく各社の学割が出揃い、お父さんお母さん達もお子さんのケータイをどこにしようか本格的に検討され始めたのではないかと思います。基本的には家族で光まで揃えるのが一番お得になるかと思いますが、人数や使うデータ量によっては丸ごと乗り換えた方が安くなる場合も多いですので、気軽に近くのケータイ屋さんに相談してみてください!

関連記事
ドコモの2018学割の落とし穴!月額1480円では使えない?!
auの2018学割スタート!割引内容や適用条件まとめ
UQモバイルで「ゼロ学割」スタート!適用条件や内容、基本プランを解説
ワイモバイルで「タダ学割」スタート!適用条件や内容を解説

もしこの記事がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです(*^^*)


スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*